Chiharu

記事一覧(109)

東京  12月9日(土) 我慢をやめて自分らしく生きるHAPPYプロジェクト

我慢していること我慢してきたことはありませんか? ☆ 周囲からイヤだと思うことをされても、何も言えず、ついつい我慢してしまう☆ 幼い頃から自分の感情を出すことなく、いつも我慢している☆ 感情を出すとまわりと揉めてしまうので、我慢する道を選んでしまっている☆ 「お姉(兄)ちゃんなんだから我慢しなさい」と言われ続けたので、我慢せざるを得なかった☆ 母親がヒステリーだったので、自分の感情を出すどころではなく、ひたすら我慢していた☆ パートナーに怒鳴られても我慢をし続けてしまっている☆ 〇〇をするためには我慢するしかないと思っている☆ ホントは泣きたいのに、どうしても我慢してしまう我慢し続けてきた方へ これから人生、2つの道が存在しています。 ☆ これからもずっと我慢し続けていく人生☆ これからは我慢しなくてもいい人生 あなたはどちらを選びたいですか? これまでずっと我慢し続けてきた人生だったのに、「これからは我慢しなくてもいい人生」を選びたいのであれば、選べるような方法を見つけ、実践していく必要があります。 何もせずに変われるようであれば、もうすでに人生は変わっているはずですからね♪ 白馬の王子様がやってきて、我慢しない人生をくれる日々をずっと待ち続けるより、我慢しないでいい人生を送れる方法を、みずから手に入れていきませんか? 身も心もボロボロになりながらも、それでもまだ我慢し続けてきた方々が、たった数回の腸心セラピーで、ビックリするほど自然と我慢しなくなっていった事例を山ほど見てきた経験を持つストレス・トラウマ・コンプレックス解消のための『 日本腸心セラピー協会 』 代表理事 渡邊一浩が、これ以上、我慢し続けなくていい人生を送っていけるよう楽しく少人数制のワークショップを開催させていただきます♪ 参加してくださる日をきっかけに、我慢せず、ご自分らしく、お幸せに生きていかれることを心から祈っています。≪ 詳細・お申し込み ≫ ⇒ https://www.reservestock.jp/events/226424

人生を変える仕組みを手に入れませんか?

とっても嬉しいことに、たった 2 ~ 3 時間で、自分自身のストレスやコンプレックスを解消できるようになる『 腸心セルフケアマスターコース 』 のご感想を、続々といただいております♪ =======================================  思った以上の効果があり、とても満足しています。 毎日セルフケアをトライしていこうと思います。 ありがとうございました。======================================= 誰にでもできる究極のセラピーという感じを受けました。 ストレス、トラウマ、コンプレックスが、腸をやわらかくすることで 解決できるのはすごいと思いました。======================================= 腸は感情をためこむことは知っていましたが、 こんなにかんたんにストレスをとりのぞくことができるなんて!! 今日の学びをこれからもいかしていこうと思います。======================================= 生きている限りなんらかのストレスはあるので、 一生ものの技術だと思います。 良いことを学べて嬉しいです。======================================= これまでストレスが解消されるセミナーをたくさん受けたのですが、 どれも戻しがあり、ストレスが解消されることはありませんでした。 しかし、腸心セラピーは、とても手軽でありながら 効果が出てたので、受講して本当に良かったです。======================================= 実技では最近の軽いストレスでやってみたのですが、 終わった後にそれを思い出したときに、 何であんなことでイライラしてたのだろうと笑ってしまいました。======================================= 夫に対していだいている感情についてセルフケアをしていくと、 私自身が夫をコントロールしようとしていたことに気がつき、 夫が私のことをしっかりと認めてくれていたことを感じて、 一気に涙があふれてきました。======================================= 予想外の出来事や仕事中にイヤな思いをしても、 今までより余裕がある自分がいます。======================================= 自分が今思っているストレスが少しずつ、 気がつけばなくなっていることに驚きました。 最後にはプラスな意味にとらえることが出来たり、 ま、いっか、と思えて気分的に 楽になったことも不思議でした。